社長挨拶

(株)匠システム 社長 太田義信 匠システムは2003年の創業以来、オープン系、組込み系、汎用系等のシステム開発をメインに事業展開してまいりました。創業当初より、お客様から信頼されるパートナー企業、世の中に必要とされ、受け入れられる企業を目指しています。

 長期にわたるデフレのトンネル、リーマンショック以降の世界同時不況、そしてあの東日本大震災と、私ども匠システムの事業基盤たるここ岩手県も深刻な影響を受けてきました。

 さらに、これからは人口減少、少子化、超高齢化の到来と、今まで経験したことのない新たな試練・環境の変化が待ち受けています。

 こうした世の中の変化にあって、名前の通り“匠(たくみ)”に泳ぎきることは容易なことではありませんが、こうした変化の激しい時代であればあるほど、事業の基本であるお客様から信頼されるパートナー企業、世の中に必要とされ、受け入れられる企業がより一層求められている、との思いを強くしています。

 私ども匠システムの事業スタンスは、まず『お客様のニーズがそこにある』という前提からスタートしていますが、混迷の度合いを深める現代では、その手法だけでは通用しなくなりつつあります。今後は、『お客様のニーズをお客様と一緒に掘り起こす』ことも必要になると考えています。

 IT技術でお客様の業務を『見える化』し、問題点・改善点・課題をお客様と一緒に洗い出し・解決していく、ということです。

 ご存知の通り、岩手県は全国でも有数の農業生産額を誇る農業県です。この農業分野で『お客様のニーズを掘り起し』、IT化することで多少なりとも地元農業発展の一助になれば、というのが会社創業以来の夢です。

 少しずつでも、着実に夢の実現に向かって進んでいければうれしい限りです。

代表取締役社長
太田 義信